追い出すためのテクニック|危険な虫は駆除を!スズメバチは刺されたら危険なので巣を撤去しよう

危険な虫は駆除を!スズメバチは刺されたら危険なので巣を撤去しよう

追い出すためのテクニック

イタチ

臨機応変に方法を変える

イタチ駆除は、イタチの種類や状況によって方法を変える必要があります。臨機応変に対応することにより、イタチ駆除の成功率が跳ね上がるので、対応策を色々考えておくことが人気です。自分の所有する敷地内でイタチが出た場合は、まずイタチの種類がなんであるかを確認しましょう。イタチ駆除で捕獲をする場合、自分の敷地内であれば免許を必要とせずに捕獲することができます。イタチの好物である食べ物を罠であるケージに置いておくと、イタチが自然と寄ってきます。ただし、イタチがメスであった場合は捕獲することができないよう法律で決まっているので気を付けましょう。イタチを追い出す場合は、天候や状況によって扱える忌避剤や罠に違いが出るので、イタチ駆除決行日を事前に決めておく必要があります。

戻ってこないようにする

イタチを追い出すことに成功しても油断してはいけません。イタチは非常に頭の良い生物で、棲み易い環境を覚えているものです。一度家に棲みついて繁殖してしまうと、その居心地の良さからずっと棲みついてしまうことがあります。その場合、一度追い出しただけではまたすぐに戻ってきて棲みつく可能性があるのです。イタチが戻ってこないようにするためには、イタチが棲んでいた場所に忌避剤を置くようにしましょう。イタチが嫌いなものを置いておくと、棲み難いと判断して去っていきます。イタチの侵入路を塞ぐことも忘れてはいけません。しっかりと板で隙間を埋めたりする必要があります。イタチ駆除には棲みつかないよう対処する必要もあるので、追い出した後のことも考えておきましょう。